稀勢の里の結婚 エルメスの嫁のニュースの真相 韓国で金藤理絵や破談の金沢さんとは?琴美さんはおかみさん

稀勢の里の結婚 エルメスの嫁のニュースの真相 韓国で金藤理絵や破談の金沢さんとは?琴美さんはおかみさん

大相撲、横綱の稀勢の里が3場所連続優勝するか注目されていますが、同時に結婚についても注目されています。嫁に関するニュースのなかに、韓国で金藤理絵さんとの結婚の噂や、エルメス勤めの金沢さん?との破談など、結婚にまつわる噂は色々とあります。そこで今回は稀勢の里の嫁や結婚、また琴美さんについてなど検証してまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


稀勢の里の結婚は韓国で金藤理絵と?

稀勢の里の結婚や嫁については、現在色々な噂や、勘違いが多く出回っています。


今回はその1つ1つについて検証していきます。

まず、1つめの 稀勢の里が韓国で金藤理絵と結婚という噂です。

金藤理絵さんとは、リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した水泳の選手です。

広島県庄原市山内町出身で、現在28歳。

結論から言いますと、金藤理絵さんと稀勢の里が韓国で結婚と言うのは、ガセのようです。

金藤理絵さんと検索すると、韓国人というキーワードが出るのですが、これは金藤理絵さんの名字に金が入ってるというだけで、韓国人と思い検索する人が多いいというだけで、実際は広島県庄原市山内町出身で、韓国から帰化したという事実もないようです。

また、稀勢の里と金藤理絵さんが結婚というのも、出所不明の噂で、そのような予定も無いようです。

よって、稀勢の里が、韓国で金藤理絵さんと結婚というのはありえないことのようですね。

稀勢の里破談した金沢さんはエルメス勤め?

次に稀勢の里が破談した金沢さんやエルメスについてまとめていきます。

稀勢の里 結婚と検索すると、

「嫁 エルメス」「破談 金沢」

と、検索結果に出てきます。

これは別々の検索結果のようですが、実はどちらも、稀勢の里のことではなく、琴奨菊のことのようです。

琴奨菊と言えば、2016年初場所で、10年ぶりに日本人力士が優勝したとあってすごく盛り上がりました。

次の場所で、横綱になるのではと期待もされていました。

その後、稀勢の里が日本人で優勝し、横綱に昇進したため、稀勢の里と琴奨菊を勘違いしている人が多いようです。

そのため、琴奨菊のお嫁さんの石田祐未を、稀勢の里のお嫁さんと勘違いして検索している人が多いようですね。

ちなみに琴奨菊のお嫁さんの石田祐未は、結婚前に「エルメス」に勤めていました。

そのため、稀勢の里 嫁 エルメスと 検索結果に出るようですね。

そして破談の噂も、稀勢の里でなく、琴奨菊。

琴奨菊は、2013年に結婚間近で破談しています。

これも、稀勢の里と琴奨菊が勘違いされての事のようですね。

ちなみに破談したお相手の方は、佐賀県在住の会社員・福地真紀子さん。

金沢さんではありません。

稀勢の里と金沢さんについては、確かな情報はありませんでした。

一般人なので情報がないのか、今のところはわかりません。

スポンサーリンク


稀勢の里の嫁ではなく琴美さんは女将さん

また、稀勢の里の結婚 嫁で検索すると出て来る、「琴美」さん。
ご存じの方も多いと思いますが、琴美さんは稀勢の里の嫁ではなく、稀勢の里の親方、田子ノ浦親方のお嫁さん。

稀勢の里の女将さんになります。

稀勢の里が優勝したときの優勝会見で、稀勢の里の隣にいて、ものすごい美人なので一際目立っていました。

稀勢の里の隣にいることで、琴美さんが稀勢の里のお嫁さんと勘違いした人も多いようです。

稀勢の里の結婚 嫁のニュース まとめ

今回は、稀勢の里の結婚や嫁についてまとめてみましたが、勘違いや、噂レベルのものがほとんどでした。

ちなみに、稀勢の里は自身の父親に、嫁取りについて、

「相撲を取っている間は結婚しない」と宣言しています。

自らの相撲道を貫く稀勢の里にとっては結婚や嫁取りは二の次のようです。

日本人ただ1人の横綱という立場は相当なプレッシャーでしょうから、結婚まで考えが及ばないのでしょうね。

今はただひたすらに、相撲に打ち込む稀勢の里。

まだまだ結婚やお嫁さんのニュースは先になりそうですね。

スポンサーリンク


【こちらも読まれています】
■稀勢の里 化粧まわしが北斗の拳 【画像】 送り主は?ラオウを選択した理由や値段など
■野沢直子の長女 格闘技の放送と相手を予想&結果【彼氏と駆け落ち】後MMAに・jujuは真珠の愛称
■井上真央と松本潤の結婚は本当か?本人が交際を認めた最新情報
■渡辺直美の番組欠席の理由・原因は食中毒でアニサキスとは? 糖尿ではなかった
■黒澤浩樹 武勇伝や実家が裕福は実話でトレーニングは壮絶!子育て本には感動 学生時代体験記