宇良関が金星【動画】父親が沖縄出身 出身中学などの情報 母親の影響でピンクのまわしか?

宇良関が金星【動画】父親が沖縄出身 出身中学などの情報 母親の影響でピンクのまわしか?

大相撲名古屋場所で17日、歴代2位となる初相撲から15場所での金星を宇良関が挙げました。小兵ながら、アクロバット相撲と称される、多彩な相撲を取り人気の宇良関。今回は宇良関と母親のエピソード。また四股名である名字のルーツである父親の出身、沖縄のことなど動画を交えてをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


宇良関が金星【動画】

大相撲名古屋場所で、宇良関が横綱日馬富士を破るという、大金星を挙げました。


出典 Twitter
終始攻めの姿勢ををみせた宇良関は、横綱日馬富士の腕を掴み、取ったりという決め技で勝利。

今場所は6勝3敗と白星が先行し、勝ち越せば来場所は新三役の可能性も見えてきました。

横綱日馬富士も、スピードが自慢の力士。

その横綱日馬富士も、取組後のインタビューではスピードについていけなかったと語っていました。

宇良関のプロフィール(出身校)


宇良関のプロフィール

四股名 宇良
本名 宇良 和輝
生年月日 1992年6月22日(25歳)
出身 大阪府寝屋川市
身長 173cm
体重 137kg
 
所属部屋 木瀬部屋
得意技 足取り・居反り

幻の技と言われる「居反り」など、多彩な取り組みが人気の宇良関ですが、そのルーツはどこにあるのでしょう?

宇良関の幼少期から、学生時代までにあるようなので、まとめていきたいと思います。

宇良関(宇良和輝)の出身地は大阪府寝屋川市で、1992年6月22日、4020gというかなり大きめの赤ん坊として生まれました。

赤ちゃんの頃から運動神経がよく、わずか6ヶ月で歩き始めたというから驚きです。

4歳でわんぱく相撲に出場。これが初めての相撲となります。

小学生の頃は、地元の寝屋川相撲連盟に通い、厳しい稽古にも励んでいましたが、体が小さくなかなか勝てませんでした。

ですが、稽古では指導者の胸を借りてのぶつかり稽古で、土俵に叩きつけられても泣きもせず、立ち上がって向かっていったといいます。

また、宇良関は小学校3年生からは、レスリングも始め、相撲とレスリングを同時に取り組んでいましたが、レスリングは階級制で同じ体重の人間としか対戦しなくても良いこともあり、中学時代はレス

リングに重きをおいていました。

レスリング時代に低い姿勢で耐えること、担ぎ上げて左肩方向に落とす技、飛行機投げが、宇良関の得意技居反りの原型になったようです。

ちなみに宇良関はレスリングでは、全国で2位という好成績を残しています。

小4から週3回通ったレスリングのクラブでの練習は1日80分で休憩はたったの2分だけ。大人でもかなり苦しい練習ですよね。
宇良関はこのような厳しい練習を耐え抜き、根性と体力を培い後の大相撲で生かされたようです。

宇良関がレスリングで全国で2位という情報はありましたが、出身中学の情報はありませんでした。
おそらくは、宇良関の出身の大阪府寝屋川市の公立中学校ではないかと考えられます。

ですが、レスリングで高校推薦が取れず、相撲部のある京都府立鳥羽高等学校に進学し、相撲中心の生活となりました。

大学は推薦で関西学院大学教育学部に進学。1年製の時、全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で優勝。

大学4年の時には、無差別級で3位に。

2013年にはロシアで開催された第2回ワールドコンバットゲームズの相撲軽量級で世界一となりました。

こうして、プロ入り前の経歴をみてみると、身体が小さかったがゆえに、一時期レスリングに取り組み、結果今の宇良関があるということがわかりますね。

スポンサーリンク


宇良関の父親が沖縄出身

宇良関の四股名は、本名の宇良 和輝の名字ですが、宇良という名字は珍しいですよね。


実はこの宇良と言う名字なんですが、沖縄県北部の、国頭郡国頭村に宇良という地域があり、その地域を発祥としている苗字が宇良というそうです。

宇良関のお父さんの辰美さんが国頭村宜名真区の出身で、宇良という名字のルーツがそこにありそうです。

宇良関の祖父・繁さん(85)も国頭郡国頭村に健在で、宇良関の取り組みがあるたびに、親戚や住民が集まり、宇良関の相撲を観戦しているとのこと。

5月の序の口優勝の際には、泡盛の記念ボトルを販売し好評を得ました。

宇良関の母親の影響でピンクのまわし?

宇良関といえば、ピンクのまわしが、トレードマーク?ですが、相撲という勝負の世界では、いささか迫力にかけてしまうような気がしますが、そもそもなぜ宇良関のまわしはピンクなんでしょう?


実は宇良関は、母親の岩崎信子さんが、女手一つで育ててくれた母子家庭で育っています。

それゆえ、宇良関は人一倍母親に対する愛情が強く、母親の影響も受けているようです。

宇良関には2歳上のお姉さんがいますが、お姉さんはもちろんのこと、宇良関にも母親の信子さんは自分がが好きなピンク色の服を着せていたそうです。

母親の信子さんは、宇良関が幼いころから、相撲を続けることをささえ、子供相撲の弓取り式の際には、1日がかりでまわしを作ってくれたといいます。

その、まわしもピンク色だったというから、なかなか筋金入りのピンク好きですね。

その母親の信子さんの影響からか、宇良関もピンク色を好むようになり、まわしもピンク色になったようです。

宇良関のプロフィール まとめ

今回は宇良関の父親や母親のこと、出身などについてまとめてみました。

スピード出世だけでなく、歴代2となる15場所目での金星など、今後が楽しみな宇良関。

強さの秘密は生まれついての運動神経と、類まれなる努力のためということがわかりました。

また、訳あって離婚した父親と母親。

女手1つで育ててくれた、母親の信子さんを少しでも早く、楽をさせたいと思う気持ちが、宇良関のスピード出世につながっているのかもしれませんね。

173センチと力士としては、かなり小柄な宇良関。ケガだけはしないようにし、1つでも上を目指し、末永く現役力士として活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク


【こちらも読まれています】
■高安の化粧まわし 過去の【チャップリン】や【ケンシロウ】など有名人にした理由 次はブルース・リーかジェームス・ディーンなどの人物?
■高安はハーフ母親【画像】はフィリピン出身で両親の職業は?秋元才加と出身が一緒で幼馴染
■高安 秋元才加と結婚は【大関】になったら?幼馴染で小学校の同級生で場所は土浦市 ハーフ同士で母親は美人
■稀勢の里の結婚 エルメスの嫁のニュースの真相 韓国で金藤理絵や破談の金沢さんとは?琴美さんはおかみさん
■稀勢の里 化粧まわしが北斗の拳 【画像】 送り主は?ラオウを選択した理由や値段など