井上尚弥の父親の年齢は?職業はヤンキーや前科者の定番!アパートの現在は?

井上尚弥の父親の年齢は?職業はヤンキーや前科者の定番!アパートの現在は?

プロボクシング、バンタム級で2団体の世界王者の井上尚弥さん。父親もテレビでよく見かけるので気になリますよね。見た目はいかにもヤンキーなので職業など知りたいですね。

そこで今回は井上尚弥さんの父親の

・年齢や経歴
・職業
・ヤンキーや前科の噂
・アパートの現在

などなどについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥の父親の年齢やプロフィール

それでは、まずは井上尚弥さんの父親のプロフィールから。

名前 井上慎吾
生年月日 1971年8月24日
年齢 48歳(2019年6月現在)

妻:井上美穂
長男 WBA・IBF世界バンタム級王者 井上尚弥 
次男 WBC世界バンタム級暫定王者 井上拓真
娘 晴香

井上尚弥さんの父親の慎吾さんは、小学校の低学年で両親が離婚して母子家庭で育ちました。

中学校を卒業すると、塗装業に。

19歳で井上尚弥さんのお母さんとなる美穂さんと結婚しました。

10代の頃は友達と夜遊びばかりしていたそうですが、美穂さんと結婚するときに

「自分は家族が宝物。」

と、携帯電話の番号を変え、悪友との関係を切ったそうです。

父親の真吾さんは、自分が小さいときに両親が離婚をして苦労したでしょうから、自分の家族は大事にしたかったんでしょうね。

ヤンキーや前科の噂は?

中学を卒業してすぐに塗装業を始めた父親の真吾さんですが、ヤンキーや前科があるなどといった噂もあるようですが、実際はどうなのでしょう?

父親の真吾さんに前科があるのは当然ながら完全なデマのようですね。

ただ見た目が怖いから、ネットで前科と検索する人が多かったのかもしれませんね。

また、ヤンキー説ですが以前NHKの「アスリート魂」に出演したときに、特攻服にヤンキー座りの写真が出ていました。

特攻服にヤンキー座りといえば、1980年台のヤンキーそのものですね。

実際に父親の真吾さんも、10代は夜遊びに明け暮れ、悪友も多かったと言っていたので、ヤンキーだったんではないでしょうか?

職業はヤンキーや前科者の定番?

父親の真吾さんが中学卒業後に始めた塗装業ですが、私の知り合いにもいますが、確かに元ヤンキーだった人が多いです。

高卒の人も多いですが、中学出てすぐや高校中退して色々やって塗装業をやるなど、一癖も二癖もある人が多いかなという感じですね。

最近はあまり見せなくなりましたが、昔は体中に彫り物がある人も多くいたといいます。

今はそういう人は大手のゼネコンだと現場に入れなくなってきているから減ったといいますが・・・

あ、もちろんそんな人ばかりではなくて、真面目な塗装業の人もいっぱいいますよ。

スポンサーリンク

父親の職業は?

話はそれましたが、父親の真吾さんの職業について。

井上尚弥さんの父親の慎吾さんは、中学卒業と同時に塗装業をはじめました。

20歳のときに親方から独立して、自らの会社「明成塗装」を設立。

大卒のやつに負けたくないと、寝る間を惜しんでがむしゃらに働きました。

塗装業では退職金もないので、将来のために34歳のときからアパートとマンションの経営をはじめました。

現在はアパートとマンションを数棟もっているというので、かなりの資産家です。

母子家庭で育ち、自分の身一つでアパート、マンションを数棟持つオーナーにまでなるなんてかなりの努力をされたんでしょうね。

そして、39歳のときには、井上尚弥さんや、弟の井上拓真さんが練習に打ち込むことができるようにと、

「井上ボクシングジム」

の経営も始めます。

井上尚弥さんがプロに転向するときに、慎吾さん自身はアマチュアの経験しかないので、プロで実績のある人に井上尚弥さんを預けようとしましたが、井上尚弥さんが

「今までどおりに親子二人三脚でやっていきたい」

と希望したことで、父親の真吾さんが井上尚弥さんの専属トレーナーとして大橋ジムに入り。

2014年には最も優秀なトレーナーに授与される『エディタウンゼント賞』を父親の真吾さんが受賞しました。

座間事件のアパートの現在は?

複数のアパートやマンションの経営をしている父親の真吾さんですが、そのうちの一つのアパートで大変な事件が起きました。

一時、連日ワイドショーやニュースを騒がせた、座間事件のアパートですが現在はどうなっているのでしょう?

あれだけの騒ぎや、恐ろしい事件のあったアパートですから、普通なら住民が全て出ていって取り壊しになってもかしくはないのですが。

なんと、事件の直後にも管理会社に、

「住み続けたいのだけど、出ていかなくては行けないんでしょうか?」

と、問い合わせがあったそうで、住人は出ていかなかったそうです。

と、いうのもこのアパートのオーナーの井上尚弥さんの父親の慎吾さんは、自分が若いときに苦労したので、少しでも家賃を安くして住む人の助けになればいいと、アパートの家賃を2万円という破格の安さにしていたそうです。

事件のあと、「慰霊祭」がとりおこなわれ、現在もアパートには多くの住人が住んでいるようです。

私なら、いくら家賃が2万円でも、怖くてすぐにでもアパートから出ていっていまいますが、世の中には心臓に毛が生えたようなすごい人がいますね。

まとめ

今回はボクシングのバンタム級チャンピオンの井上尚弥さんの父親の職業やヤンキー説、前科説について色々と調べてみました。

父親の真吾さんは、中学卒業と同時に塗装業を始めやがて独立。

現在はアパート、マンションを数棟持つほどの資産家。

井上ボクシングジムの経営を経て、現在は井上尚弥さんの専属トレーナー。

座間事件のアパートは現在も入居者あり。

こうやっって見ると、なかなか波乱万丈な人生ですが、全てにおいてかなりの努力家ということがわかりましたね。

今後もトレーナーとして井上尚弥さんをささえ、、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで、井上尚弥さんを優勝に導いてほしいと思います。

スポンサーリンク

ピックアップ関連記事