狼雅関(相撲)の出身高校や経歴は?四股名の由来を調査!母親はロシア人?

狼雅関(相撲)の出身高校や経歴は?四股名の由来を調査!母親はロシア人?

相撲界の狼雅(ろうが)関に注目です。史上初の外国出身で高校横綱という経歴を引っさげて、相撲界に入門した狼雅関。出身高校や経歴など色々知りたいですよね。
そこで今回は狼雅関について調べて、まとめてみました。

狼雅関について調べたことは、

・狼雅関の出身などプロフィール
・出身高校と経歴
・四股名の由来
・母親はロシア人

などなどです。

狼雅関の狼雅関の取り組みの動画もあります。
圧倒的な強さの狼雅関を御覧くだけると思います。

それでは、お読みください。

スポンサーリンク

狼雅関のプロフィール

四股名 狼雅(ろうが)
本名 アマルトゥブシン アマルサナー
生年月日 平成11年3月2日
年齢 19歳(2018年現在)
出身地 モンゴル国ウランバートル市
身長 183センチ
体重 140キロ
所属部屋 二子山

初土俵 平成30年11月場所 前相撲 3勝0敗

狼雅関はモンゴルのウランバートル出身。

ウランバートルといえば、横綱白鵬関や、元横綱の朝青龍。古くは旭鷲山などがいますね。

ただ、狼雅関は幼少期は母親の実家がある、モンゴルの隣りにあるロシアの「トワ」地方に住んでいました。

そこで、レスリングや柔道、モンゴル相撲に取り組んでいたといいます。

狼雅関の相撲の強さの原点ですね。

14歳のときに父親の出身地であるモンゴルに。

モンゴルでは、日本の大相撲が大人気。

モンゴル出身の力士が大相撲界で活躍しているのですから当然ですよね。

もちろん狼雅関もテレビで大相撲を観戦して相撲に興味を持ちます。

そして日本で行われた、白鵬杯に出場。

この時、白鳳の目に止まり、白鳳のすすめで15歳で日本の高校に相撲留学をしました。

そのような経歴もあり、驚くことに狼雅関はモンゴル語、ロシア語、トワ語、日本語の4言語が話せるといいます。

狼雅関の出身高校と経歴

白鵬杯で横綱白鳳の目に止まり、日本の高校に相撲留学する事になった狼雅関。

高校は白鳳のすすめで、鳥取城北高校に。

この高校には、同じモンゴル出身のレンツェンドルジ・ガントゥクスさんというコーチがいました。

全く言葉が通じない、文化も違う日本人しかいない相撲部よりは、いくらかはマシだったかもしれませんね。

しかも、このコーチ鳥取城北高校にはじめて相撲留学に来た留学生だったそうですから、モンゴル人が日本に相撲留学で来ることの苦労は身にしみてわかったいたと思います。

きっと狼雅関もいろいろとアドバイスを貰ったでしょうね。

高校では相撲で強くなるために、真面目に取り組んだ、狼雅関。

高校2年と3年時にはいくつか大きな大会に出場していましたが、いまひとつの成績。

ですが、高校3年生のときの高校総体で優勝。

決勝戦の相手は、あの朝青龍の甥のビャンバスレン(現在の幕下・豊昇龍)。

そう、決勝戦はモンゴル人同士の対戦だったんですね。

個人的にはもうちょっと、日本人に頑張って欲しいところですが・・・

話は狼雅関に戻しまして、狼雅関は高校でタイトルを取れなかったら、出身地のモンゴルに帰ろうと考えていたそうです。

無事、高校総体の相撲で優勝し、外国人初となる高校横綱となりました。

スポンサーリンク

四股名の由来は?


狼雅関は元大関、雅山が親方を務める二子山部屋に所属することに。

新弟子検査のときは、あの朝青龍よりも背筋力が20キロも上回る200キロだったというから、その潜在力に驚かされます。

そして、狼雅関の、しこ名の由来ですが、モンゴルでは強さの象徴である狼と、師匠の現役時代のしこ名の雅山から、一文字もらい狼雅(ろうが)となったそうです。

いかにも強そうな名前ですね。

親方の狼雅関に対する、期待の高さが伺えます。

狼雅関自身もこのしこ名については、

「めちゃくちゃかっこいい」

と、大満足していることを、テレビで語っていました。

狼雅関は母親はロシア人のハーフ?

狼雅関は父親がモンゴル人で、母親がロシアのトワ地方出身ということで、ハーフと言われています。

ですが、じっさいトワ地方というのは、大昔は清朝モンゴルに属していた地域で、文化的にもモンゴルに近い地域だそうです。

どうりで狼雅関には、我々がイメージする、目の青いロシア人の要素は殆ど無いわけですね。

わかりやすく言えば、狼雅関の母親は、住んでいた地域がロシアのモンゴル人ということなんでしょうか?

そして、狼雅関がなぜ遠い日本で力士ななることを決めたのかというと、両親に親孝行がしたいからなんだそううです。

多くのモンゴル人力士が、日本で相撲取りとして活躍する姿を、幼い頃からテレビで観ていたので、自分もそうなりたかったんでしょうね。

これからうんと活躍して、ご両親に親孝行をするという夢を叶えてほしいと思います。

まとめ


初の外国人の高校横綱という経歴をひっさげて、相撲界に入門した狼雅関。

強さの秘密は、母親の出身地のロシアで暮らしていた時代にあったんですね。

ほぼ同時期入門の、朝青龍の甥の豊昇龍との今後の取組も楽しみですね。

狼雅関の大相撲での活躍に注目していきたいと思います。

【こちらも読まれています】
■貴景勝の母親が美人すぎ【画像】双子は暴行事件のあの力士!

スポンサーリンク

ピックアップ関連記事