バレンタインの意味や由来は?チョコ以外のお菓子では何が良いの?

バレンタインの意味や由来は?チョコ以外のお菓子では何が良いの?

バレンタインって毎年やってきて、当たり前のようにプレゼントを贈り合いますが、元々の意味や由来って何なのでしょうか。また一般的にはチョコレートを贈りますが、チョコ以外のお菓子などは何が良いのでしょうか。普段は意識しないことですが、せっかくバレンタインを楽しむのなら意味や由来も合わせて知っておきましょう。ご紹介していきます。

スポンサードリンク

バレンタインの意味や由来

・バレンタインの意味
バレンタインは英語で「valentine」と書きますが、このvalentineは大切な人にプレゼントするカードやカードを贈る人と愛を確かめ合うことを指しています。

「↑クリックすると販売ページに移動出来ます」

また、日本では義理チョコや友チョコなどもプレゼントしますが、世界では完全に恋人同士の日となっているようで、ヨーロッパではバレンタインデーになると夫婦や恋人がプレゼントを贈り合います。

日本では、女性から男性に思いを伝えるためにチョコレートを贈りますよね。

このチョコレートを贈る行為自体は、後ほど詳しくご紹介しますが、世界的に見ても日本だけでしか行われていないようなんです。

・バレンタインの由来
バレンタインデーの由来は、ヨーロッパが元になります。

上記でバレンタインの意味についてご紹介しましたが、実はバレンタインは人の名前なんです。

昔のローマでは、若い男女の恋愛や結婚を禁止していました。

男性は兵士だったわけですが、恋愛や結婚をすると兵士としての仕事をおろそかにしてしまうと考えられていたからです。

バレンタインさんは、愛し合っているのに結婚できない男女を見て心が痛み、内緒でその男女の結婚式を挙げさせました。

それがローマ帝王の耳に入り、バレンタインさんは処刑されることに。

その処刑された日と言うのが、今のバレンタインデーである2月14日なんです。

その後、バレンタインさんが処刑された日には国民でお祈りをするようになり、恋人同士の日となりました。

なぜチョコレートになったのか?

なぜ日本では、男性から女性にチョコレートを贈るようになったのかと言うと、日本企業の戦略と当時の日本の文化が由来です。

「↑クリックすると販売ページに移動出来ます」

日本のあるチョコレート会社の社長さんが、ヨーロッパでのバレンタインの風習を聞き、1970年代後半頃から「バレンタインデーにはチョコレートを贈ろう」と広告を出しました。

それにより、バレンタインが徐々に浸透していきました。

女性から男性に贈るのは、当時の日本では男性に女性が尽くすと言う考えだったので、女性が男性にチョコレートを贈るようになりました。

スポンサードリンク

チョコ以外のお菓子などの意味

・クッキー
バレンタインにクッキーを贈るのは「ずっと友達でいたい」と言う意味があります。

「↑クリックすると販売ページに移動出来ます」

クッキーを贈ると友達でいたいと言う意味になるのには、理由が2つあります。

1つ目は、チョコレートに比べるとクッキーの方が作る手間が少なくて、一度に大量に作れるから、本命ではなく友達のうちの1人にあげるのにピッタリだと考られているからです。

2つ目は、クッキーはサクサクとしているから、このクッキーのように「サクッとあっさりした関係でいようね」と言う意味があると考えられているからです。

・マシュマロ
バレンタインにクッキーを贈るのは「あなたが嫌い」と言う意味があります。
マシュマロを贈ると、あなたが嫌いとなる理由は、マシュマロがすぐに溶けてしまうことに関係しています。

2人の関係も「こんな感じに終わらせたいね」と言う意味があると考えられているからです。

しかし、マシュマロの中にチョコレートが入っているタイプの物だと「純白の愛で包む」と言う意味になるんですよ。

なので、どうしても本命の彼氏にマシュマロを贈りたい場合には、チョコレートが入っているタイプの物を選ぶようにしましょう。

・キャンディやキャラメル、マカロン
バレンタインにキャンディを贈るのは「あなたのことが好きです」と言う意味があります。

「↑クリックすると販売ページに移動出来ます」

キャラメルだと「あなたは安心する存在です」と言う意味があります。

キャラメルって口の中に入れると、溶けてしまいますが、口の中で残りますよね。

でも、嫌な残り方じゃないのでそれが「安心する存在」と言う意味合いになりました。

マカロンだと「特別な存在です」と言う意味になります。
マカロンって人気のお菓子ですが、他のお菓子と比べると、お値段が高めで高級なイメージがありますよね。
そのため、マカロンは「特別」と言う意味合いが強いんです。

・文房具
バレンタインに文房具を贈るのは「もっと勉強してね」と言う意味があります。

年下の彼氏に贈るのなら良いのかもしれませんが、恋人はある程度対等な関係ですので文房具は避けた方が良いですね。

・靴
バレンタインに靴を贈るのは「別れたい」と言う意味があります。

これは、プレゼントした靴を履いて遠くに行ってしまうと考えられています。

お別れしたい彼氏へなら、贈るのも良いかもしれませんが、お付き合いを続けたいのならプレゼントするのは避けた方が良いですね。

・アクセサリー
バレンタインにアクセサリーを贈るのは「あなたを独占したい」と言う意味があります。

アクセサリーは、肌に直接身につける物ですから、絡みついて離さないと言う意味から「独占したい」となったと考えられています。

・時計
バレンタインに時計を贈るのは「あなたの時間を束縛したい」と言う意味があります。

→男性が好む時計ランキングはこちら!

同じ時間を進んでいくので、そこから束縛したいと言う意味合いになったと考えられています。

アクセサリーや時計の意味を知って、彼女のことをいとおしいと思い喜んでくれる彼氏もいますが、中には束縛したがったり独占欲が強い彼女のことを「重い」と感じてしまう男性もいます。

彼氏の性格を理解してプレゼントすると良いと思います。

バレンタインの意味や由来 まとめ

バレンタインの意味や由来、チョコ以外にはどんなプレゼントが良いのかをご紹介していきました。

日本のバレンタインは、元々ヨーロッパ発祥の恋人や夫婦でプレゼントを贈り合うイベントが由来です。

日本では女性から男性へと気持ちを伝えるときにチョコレートを贈るのが一般的なバレンタインなので、本来の由来には驚きますよね〜。

また、バレンタインではチョコ以外の贈り物をする場合もありますが、クッキーやマカロン、文房具、靴を恋人に贈るのには、良い意味がありません。
なるべくなら避けた方がいいでしょう。

バレンタインの意味や由来を理解したことですし、せっかくバレンタインでプレゼントを贈るのなら、贈り物に込められた意味合いというのも大事にしてみると、より楽しめそうですね!

【こちらも読まれています】
■バレンタインの相場は?2018年 会社の上司や同僚へ上手な義理チョコの渡し方
■バレンタイン 2018 彼氏への相場は?プレゼントやチョコはいくらぐらいがいいの?
■バレンタイン チョコ以外の甘くない食べ物は大人のセンスで!彼氏の好みに合わせて

スポンサードリンク

ピックアップ関連記事