2018のバレンタインはメッセージで旦那・夫に感謝の言葉を!例文と渡し方

2018のバレンタインはメッセージで旦那・夫に感謝の言葉を!例文と渡し方

バレンタインは本来、好きという気持ちを伝えるイベントですが、最近では旦那さんに感謝の言葉とともにチョコをプレゼントするイベントにもなってきているようです。新婚さんでも長年連れ添った夫婦だとしても、バレンタインに感謝のメッセージを贈るのは素敵ですよね。しかし「どんな言葉で夫に感謝を表したら良いのか分からない」と思う奥さんも多いと思います。そこで、バレンタインメッセージで旦那さんに贈ると喜ばれる感謝の言葉やメッセージをご紹介していきます。

スポンサードリンク

バレンタインメッセージで旦那さん・夫に贈りたい感謝の言葉

具体的に

バレンタインメッセージで旦那さんに贈りたい感謝の言葉は、具体的に書くことです。

奥さんは旦那さんに「好きだよ」と言われると嬉しいですよね。

それと同じで、旦那さんも奥さんから「好きだよ」の言葉をメッセージカードでもらうだけでも十分嬉しいはずです。

しかし、好きの言葉だけではなく「ここが好き、こういうところに感謝してる、こういうところを信頼・頼もしく思ってる」などと具体的にあなたの気持ちを言葉にすることで、旦那さんはさらに喜んでくれるはずです。

思い出話

バレンタインメッセージで旦那さんに贈りたい感謝の言葉は、思い出話を書くことです。

例えば、独身の時にどこか行ったときのことや、お子さんがいるのならお子さんが生まれる前に作った思い出などです。

思い出って次第に忘れていってしまうのものですが、こうしたバレンタインなどのイベントの時に思い出させてあげてください。

そうすると、旦那さんはその言葉で2人の思い出を懐かしく思い出し、2人の仲はバレンタインを機により深まるはずです。

将来のことに触れる

バレンタインメッセージで旦那さんに贈りたい感謝の言葉ポイントは、将来のことを書くことです。

例えば、来年以降もバレンタインを一緒に迎えたいことや、これから2人でどういう関係で居続けたいかなどです。

こういうことって、普段は中々話す機会ってないのではないでしょうか。

そのため、奥さんがいきなりバレンタインメッセージで将来の話をし始めたら、旦那さんは奥さんのことを「可愛いな~」と思うはずです。

バレンタインのメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方

カバンの中や机の引き出し

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、カバンの中や机の引き出しに入れる方法がおすすめです。

カバンの中に入れておけば、会社に着いたときに「あれ?これなに?」とバレンタインメッセージでサプライズすることができますし、机の引き出しの中に入っているというのは学生時代に男子が憧れる設定なのでポイントとなります。

また、もし旦那さんと奥さんで職場が同じなら、職場の机の引き出しに入れておくのもドキドキ感満載で良いと思います。

上着のポケットに入れておく

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、上着のポケットに入れる方法がおすすめです。

上着のポケットは家を出てから使いますよね。

そのためカバンの中同様に「なんか入ってる?」とサプライズすることができます。

きっとウキウキしながら会社に向かい、会社でこっそりとバレンタインメッセージを開けると思いますよ。

お風呂上りの着替えに挟む

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、お風呂上がりの着替えに挟んでおく方法がおすすめです。

お風呂に入っている間ときに挟めば、バレることはないですし、奥さんは準備しやすいですよね。

待ち伏せをする

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、待ち伏せする方法がおすすめです。

旦那さんが会社から帰る時などに駅などで待ち伏せして、バレンタインのチョコとメッセージを渡すと、恋人同士の頃の様ですよね。

自宅の最寄り駅などでもいいと思いますが、乗り換えをする駅で待ち伏せして、それから2人で食事に行くのも特別な感じがしていいと思いますよ。

宅急便

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、宅急便を使う方法がおすすめです。

そのときには、旦那さん宛てに宅急便が届くようにしておいて「この日荷物届くから受け取ってくれる?」と旦那さんに留守番を頼んで受け取ってもらいましょう。

お弁当

バレンタインメッセージを旦那さんに贈るときの渡し方は、お弁当と一緒に渡す方法がおすすめです。

普段奥さんがお弁当を作らない場合は、その日だけはお弁当を作ってあげて旦那さんに「今日は作ったよ」と言って渡しましょう。

その時にお弁当のケースや包みなんかに入れておくことで、旦那さんはお弁当の時間にビックリしますよね。

お昼休みに連絡が来るかもしれませんよ。

スポンサードリンク

バレンタインメッセージ2018 旦那さんに贈るときの例文

「夫婦になってから迎えるはじめてのバレンタインだね。
あなたと結婚できて良かったなって思います。
いつもありがとう」

「いつも私のため(家族のため)に遅くまでお仕事ありがとう。
お疲れ様です。

そんなあなたは、私にとって自慢の夫です。
体を壊さないようにしてね。」

「あなたと出会い、結婚してから10年が経ちます。
まだまだ子育てや仕事で忙しい日々だけれど、あなたへの気持ちは変わらず大好きです。

子育てが落ち着いたら恋人の頃のように、また2人で旅行に行きたいね」

などです。
旦那さんはこんなメッセージをもらったら、奥さんのことをさらにいとおしいと感じること間違いなしですよね。

バレンタインメッセージで旦那さんに贈りたい感謝の言葉 まとめ

バレンタインメッセージで旦那さんに贈りたい感謝の言葉をご紹介しました。

ポイントは、具体的、思い出話、将来の話を書くことで、渡し方はカバンの中や机の引き出しや上着のポケットに入れる、お風呂上りの着替えに挟む、どこかで待ち伏せする、宅急便、お弁当などがおすすめです。

2018年のバレンタインでは、恥ずかしがらずに旦那さんへの気持ちをちゃんと伝えてくださいね。

【こちらも読まれています】
■バレンタインの意味や由来は?チョコ以外では何が良いの?
■バレンタイン【2018】本命チョコの相場は?プレゼントを渡すならこれ!

スポンサードリンク

ピックアップ関連記事