バレンタインのメッセージ 会社の上司や同僚に一言そえて 【最適な例文】

バレンタインのメッセージ 会社の上司や同僚に一言そえて 【最適な例文】

会社で上司や同僚に渡すバレンタインのチョコは、義理だからそんなに予算はかけられない…でも「チョコだけだと寂しいな~」と思うのなら、バレンタインチョコと一緒にメッセージカードで一言添えましょう。ただチョコを渡すだけに比べると温かみを感じます。しかし、会社の上司や同僚にメッセージカードを渡すとなると、何を書けばいいのか悩んでしまうものです。こちらでは、バレンタインメッセージで会社の上司や同僚に最適な一言のポイントや実際の例文もご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタインメッセージ 上司や同僚への最適な一言ポイント

簡潔


バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言は、簡潔に済ませましょう。

あくまでメインはバレンタインのプレゼントであって、メッセージはおまけです。

そのため手紙のように長々と書かれてたものをもらったら、上司や同僚も「返事書かなきゃダメかな?」と気を遣わせてしまいます。

そのため、できるだけ簡潔なメッセージを一言二言添えると、会社の上司や同僚にも気を遣わせず、適度な気遣いができる部下・女性だと思われます。

感謝の気持ちを添える

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言では、感謝の気持ちを添えましょう。

会社では上司や同僚には、少なからずお世話になっていますよね。

しかし、日ごろの感謝の気持ちや言葉って普段伝えるタイミングって、中々ないではないでしょうか。

そのためバレンタインに、チョコと一緒に感謝の気持ちを添えることで普段の感謝の気持ちを伝えることができます。

感謝の言葉をもらって嬉しくない人なんていないので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

くだけすぎない

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言はくだけすぎないようにしてください。

同僚ならそこまでかしこまる必要はないのかもしれませんが、会社とは一応ビジネスの場になるので、ハートや音符などの記号を使ったり、タメ語を使うというのはふさわしくないです。

そのため、記号をつけるとしてもエクスクラメーションマーク、いわゆるビックリマークくらいにしておきましょう。

労わる

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言は、労わりの言葉を取り入れましょう。

普段から「お疲れ様です」と上司への挨拶はしていることかと思いますが、そのお疲れ様の言葉って、義務化された挨拶のようなものになっていますよね。

しかし、そのいたわりの言葉を文字としてメッセージでもらうと、言葉で普段言われているのとは、また違った風に感じます。

また、残業や出張が多い上司なら、それについても労わりの言葉を簡単に添えると良いと思いますよ。

家族に誤解されないように

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言は、上司や同僚の家族に誤解されないようにしましょう。

先ほども挙げたように、一言二言ではなく手紙のように長いメッセージを書いたり、ハートや音符の記号を使うのももちろんそうですが、ラッピングが豪華だったり、本命を思わせるようなメッセージカードですと、上司や同僚の家族に誤解されてしまうことがあります。

そのため、色のついたメッセージカードや少しリボンなどのデザインが施されているくらいのメッセージカードを選ぶのがおすすめです。

女性社員と相談してから

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚への最適な一言は、女性社員と相談してからにしましょう。

個人個人で会社の上司や同僚の男性陣にチョコを渡すところもありますが、女性社員一同から渡すこともありますよね。

そのため、みんなで渡すのか相談して、みんなで渡す場合にはメッセージの最後に「女性社員一同より」と付け加えると良いですね。

スポンサードリンク

会社の上司や同僚への最適な一言例文

上司への一言例文


「〇〇部長へ。
職場に活気があるのは〇〇部長のおかげです。
少しですが感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします」

「◯◯先輩へ。
日頃からお心遣いありがとうございます。
ささやかですが感謝を込めてお渡しします。
これからもよろしくお願いします」

「〇〇さんへ。
〇〇さんのネクタイのセンスは、女子社員の間で密かに人気です。
これからもよろしくお願いします」

「〇〇主任へ。
いつも残業や出張ばかりでお疲れ様です。
どうぞ息抜きも大事にされてください。
これからもご指導よろしくお願いします」

「〇〇先輩へ。
いつもお世話になっております。
女性社員の間で人気のバレンタインチョコを贈ります。
休憩のひとときにどうぞ」

同僚へのメッセージ例文

「〇〇課長へ。
私からの日頃の感謝の気持ちです。
いつもありがとうございます。
バレンタインチョコを食べて、たまには息抜きして下さい」

「◯◯さんへ
いつも色々と助けてくれてありがとう。
ささやかですが感謝の気持ちです」

「◯◯さんへ
いつも職場を明るく盛り上げてくれてありがとう。
これからもムードメーカーとしてよろしくお願いします」

「〇〇さんへ。
普段から仕事の相談に乗ってくれてありがとう。
頼りにしています。」

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚に最適な一言 まとめ

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚に最適な一言のポイントや実際の例文もご紹介しました。

バレンタインメッセージで会社の上司や同僚に最適な一言のポイントは、簡潔・感謝の気持ちを伝える・くだけすぎない・労わる・上司や同僚の家族に誤解されないように・女性社員と相談してからなどがポイントとなります。

また、ぜひご紹介した例文もうまく取り入れてみて、日ごろの感謝や労わりの気持ちが伝わってくるようなメッセージカードをバレンタインチョコに添えてみてくださいね。

【こちらも読まれています】
■バレンタインの相場は?2018年 会社の上司や同僚へ上手な義理チョコの渡し方
■バレンタイン 2018 彼氏への相場は?プレゼントやチョコはいくらぐらいがいいの?

スポンサードリンク

ピックアップ関連記事